トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

女性転職・再就職の既婚女性には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。
どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(既婚女性の転職・再就職を成功させるには子供の預け先検討①②より続く)

【幼稚園の特徴】
「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが、最近は「預かり保育」といって、午後6時くらいまで見てくれる施設も増加しています。
私立には外国語教育・音楽教育・宗教教育などをうたい文句にしている所もあります。
一般的には長期の夏休みや冬休みがありますが、幼稚園に預けて仕事に行く場合には長期の休みの間に預け先を確保しなければなりません。

【学童保育所の特徴】
いちばん子供の預け先で頭を悩ませるのは、実は小学生になってからかも知れません。
手はかからなくなっても、小学生を家にひとりでいさせるのは心配です。とはいっても、小学生以上の子供を預ける施設は充実していません。
小学生の子供を預かってくれる数少ない施設のひとつが、主に都市部にある「学童保育所」つまり放課後児童クラブです。
申込み方法は、市区町村の役所に問い合わせてください。4月から入るために前年の11月~1月ごろの所定の申込日に申請書類を提出するケースが多いようです。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...