トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

《既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①》より続く。

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)

【無認可保育園の特徴】

無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢などはここの施設によってまちまちです。「無認可園」にはさまざまなタイプがありますが、代表は「小規模保育施設」と呼ばれるタイプです。

【無認可保育園にはいろんなタイプがある】

無認可保育園には「小規模保育施設」以外に次のようなタイプがあります。

・駅型保育所:駅前や駅ビルに立地するタイプ。フルタイムに仕事する女性にとっては非常にありがたい施設です。一定の基準を満たす駅型保育所には、厚生労働省の外郭団体である「こども未来財団」などが費用助成を行なっています。

・企業内保育所(社内託児所):企業が従業員のために、企業内に設置するタイプ。便利といえば便利ですが、ラッシュ時子供を連れて通勤しなければいけないなどの問題点もあります。

・ベビーホテル:その名の通り泊まり保育も可能で、24時間対応です。1時間単位で、必要なときだけ預けることもできます。ほかの保育園が閉園になったあと、併用で利用する人も多くいます。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...