トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。
どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。

【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】

「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならないのが子供の預け先の検討・確保です。「仕事先が決まってから」と考える女性がいるかもしれませんが、面接に子供は連れて行けません。
また面接で必ず「お子さんの預け先は決まっていますか」と聞かれるでしょう。子供の預け先を予め検討・確保しておくことは転職・再就職を成功させる絶対条件なのです。
幼稚園、保育園、託児所、ベビーホテルなど、子供の預け先はいくつかあります。
以下いろいろの特徴を見ていきましょう。

【保育園とは】

保育園は、大きく「認可保育園」と「無認可保育園」に分けられます。保育園は、保護者に代わって子供の面倒を見るという趣旨でつくられているので、保育時間が長く、お昼寝タイムがあり、一定の定員内なら乳児でも預かってくれます。
ベビーホテル・託児所・社内託児所などは、無認可の保育施設です。

【認可保育園の特徴】

「認可保育園」とは、園庭や施設の広さ・設備・保育士の数などが国の定める基準を満たしている保育所をいいます。従って、それ以外が「無認可保育園」となります。認可保育園には公立と私立の両方があります。
多くの自治体は、4月入園時の申請を、前年の秋から1月頃にいっせいに受け付けます。この時期を逸すると入園が極めて困難になるので注意して下さい。

《既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②》へ続く。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...