トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか? それぞれケース別に考えてみましょう。

【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】

女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。
正社員を目指す女性は、まずは信用できるかっての上司や同僚、友人、知人、親戚などに、正社員としての仕事を探していることを伝えてみるといいでしょう。
すぐには難しいことでしょうが、いずれ紹介してもらえる可能性があります。また最近では、パートや派遣社員として実績を積んだ女性の中から、正社員を選抜する会社が増加してきました。
勤務実績、本人の要望などによってパートから正社員への転換制度を設けている会社もあります。
このようなパートから正社員への道の可能性のある会社を選択するのもひとつの方法でしょう。

【2.女性既婚者の転職・再就職をアルバイト・パートとして仕事をするケース】

同じ事業所で仕事をする正社員よりも1週間の労働時間が短い社員のことを「短時間労働者」といい、アルバイトやパートなどといわれています。
実際には、事務職、営業職、システムエンジニア、銀行の窓口行員、オペレーター、スーパーの仕入責任者など実にいろいろな職種に広がっています。
アルバイト、パートであっても、一定の条件を満たせば各種社会保険に加入でき、有給休暇もあり、正社員と同様に賞与・退職金を支払う会社もあります。
やりがい意識の面でも、正社員にひけをとらないケースがあります。また、パートから正社員への転換制度を設けている会社もあります。
一方で「パートは安上がりで済む」としか考えていない会社も多くあり、パートとして仕事するケースでは、その会社がパートをどのように考えているのか、パートの権利がどこまで認められているのか、などを見極める必要があります。

【3.女性既婚者の転職・再就職を派遣社員として仕事をするケース】

人材派遣会社に登録し、その人材派遣会社から別の企業・会社に派遣されて仕事をするのが派遣社員です。
派遣社員の対象業務は、事務職をはじめ、通訳、企画、クリエーター、プログラマーなど、女性の再就職はあらゆる職種に広がっています。また派遣社員であっても、一定の条件を満たせば社会保険などに加入することができます。
派遣社員は年齢が上がると紹介される仕事が減ってくるのも事実です。つまり、契約社員としての期間は、ブランクのあとの「ウォーミングアップ」、あるいは次の仕事のための「ステップ」と考えた方がいいのではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...