トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 女性の転職と給料・税金

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

女性の転職と給料・税金

【女性の転職と給料 103万円の壁】

女性の転職と給料・税金面を考えてみましょう。
パートで働く女性既婚者の給料が「パート収入103万円を超えないようにしなくてはいけない」ということを聞いたことありませんか。
たしかに「103万円の壁」「130万円の壁」といわれるものがあります。
女性既婚者が正社員として仕事をし、税金も社会保険料も全て自分で払う立場の女性は関係ありませんが、正社員以外の仕事を希望する女性の給料面、つまり年収と税金、社会保険料などの関係についても知っておく必要があります。

まず「103万円の壁」から説明していきましょう。
女性既婚者の給料としてのパート収入が年間103万円を超過すると、収入から所得税が引かれ、夫は配偶者控除の38万円が受けられなくなります。
つまり女性既婚者の給料がが年間103万円を超過した仕事をすると、世帯全体では手取り額が減少してしまうことになるのです。
さらに夫の会社に「配偶者手当制度」があるケースでは、妻の収入が一定以上、つまり会社によって違いますが、103万円~130万円が多いのですが「手当てなし」となるケースがほとんどでしょう。
では女性既婚者の「130万円の壁」はどうなのでしょうか。

【女性の転職と給料 130万円の壁】

女性既婚者の給料としてのパート収入が年間130万円を超過すると、健康保険や国民年金などの社会保険料を自分で払わなければならなくなります。
つまり、女性既婚者の給料としての年間収入が130万円を超過すると、そこから税金、社会保険料が引かれ、さらに夫の収入から配偶者控除を受けられなくなった分だけ上がった税金が引かれることになるのです。
また夫の勤務先に配偶者手当制度があり、条件に満たなくなれば、その分も引かれます。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...