トップ > 女性の転職・再就職のポイント > 転職活動と再就職の支援の現状②

転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

業界別の専門家が求人をベストマッチング!詳細はこちら

転職活動と再就職の支援の現状②

《転職活動と再就職の支援の現状①》より続く。

【女性が転職・再就職を目指すときの確認事項=ビジネスの現状とは】

女性が転職・再就職を目指すとき、まず最初に確認しておくべきことは、基本的には一般の女性の転職と同じで「ビジネスの現状は常時変化している」ということです。
ここ数年のIT化が急速的に変化し仕事の進め方そのものも大きく変化しています。
また、リストラを実行し、正社員を派遣社員に置き換えるなど、コスト削減に励む企業が大半を占め、特に残業や出張が難しい子供のいる既婚女性社員は、企業にすれば効率の悪い存在でしょう。たしかに、正社員を目指す再就職はかなりの難関なのです。
しかし、正社員にこだわらない女性にとってはプラス面もある時代といえます。

従来は新卒採用の社員にさせていたような仕事を、中途採用の転職者の女性や契約・派遣社員、パート、アルバイトなどに担当させる企業が増加してきているからです。
小売業界などでは、パートから専任者に昇進する例も出てきています。パートでもやりがいのある仕事が増加してきている、といえるでしょう。
再就職活動を始める前に、「ビジネスの世界でやっていく上で必要な感覚を忘れていないか」を再度確認しましょう。
これも「女性の転職」と同じです。そして再就職活動中も常に「ビジネスの視点で考えるとどうか」を意識して下さい。そうすれば、面接にGパンやTシャツ、履歴書を忘れる、履歴書に写真貼付を忘れるなどの初歩的ミスを防止できる筈です。

【女性の転職・再就職活動で復帰のためのウォーミングアップをしよう】

社会が激変し、仕事の細かいやり方も変化していますが、その変化に少しでも追いつくための努力も必要でしょう。
例えば、まず新聞を読む習慣をつくることから始めてもいいでしょう以前にコンピュータ関連の仕事をしていた女性なら、最新の情報を集め、技能を磨きなおすといいかも知れません。
再就職のケースでは、前職の内容にこだわりすぎると、かえって仕事を獲得しにくくなることもあるので注意して下さい。
また給料レベルも「前職と同程度に」とこだわりすぎないほうがいいでしょう。

この記事のカテゴリーは「女性の転職・再就職のポイント」です。
関連記事

女性転職の既婚女性には子供の預け先確保必須

既婚女性の転職・再就職には、子供の預け先を確保することは絶対条件です。 どのような預け先があるかを以下、確認しましょう...【幼稚園の特徴】「幼稚園」は学校教育法で定められた教育機関で、対象は満3歳以上、1日4時間制が標準になっていますが...

女性の再就職での正社員・派遣・アルバイトの適職は

転職で女性は正社員・派遣・アルバイトなどの適職はどうなのか?それぞれケース別に考えてみましょう。【1.女性既婚者の転職・再就職を正社員として仕事をするケース】女性既婚者の転職・再就職を目指すことは、いきなり正社員の仕事として働くのはかない難しいことでしょう。正社員を目指す女性は、まずは信用できる...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討②

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。(女性既婚者の転職には子供の預け先検討①より続く)【無認可保育園の特徴】無認可保育園は、運営方針、システム、保育時間、料金、立地、対象年齢...

既婚女性の転職を成功させるには子供の預け先検討①

既婚女性の転職・再就職を成功させるには、子供の預け先検討・確保することは絶対条件です。どのような預け先があるかを以下、確認しましょう。【女性既婚者の転職・再就職活動と同時に子供の預け先も検討しよう】「女性既婚者の転職・再就職しよう」と決めたら、すぐに取り組まなければならない...